田舎暮らしのプライバシーについて

日本では、個人のプライバシーを尊重するという考えが浸透してきており、他のお宅のことには深く立ち入らないというのがマナーとして一般的になっていますが、田舎暮らしではどうなのでしょうか。

田舎暮らしのプライバシーについて(続き)

田舎暮らしの場合、よくも悪くもプライバシーが都会ほど守られているとは言えません。

例えばあなたが女性で、仕事で夜遅くなってしまったとしましょう。夜中に自動車で静かに帰ってきたとしても、次の日には「あそこの若奥さんは、夜中に帰ってきた」ということが近所で話題になっていたりします。

都会では働く女性が夜遅くなって帰ってくることは別に変なことではありませんが、田舎では、共働きが多いとは言っても、男性が大黒柱で、女性は昼間、子どもが学校に行っている間を利用してパートに出たりするぐらいのもの、という考え方がまだまだまかり通っています。

田舎暮らし

つまり、帰宅時間が不規則な女性は、それだけで話題となるのです。

「昨日のお昼は家族で外食に出ていた(炊事してない)」
「おとといは6時になってもクルマがなかった(帰ってなかった)」
「来年から子どもを保育園にあずけるらしい」

都会では、そんな細かいことはほっといて、と思うようなことでも田舎ではいい話の材料になるんですね。まあ、これもいい意味で平和だからなんでしょうけど。

ということで、プライバシーを保って生活したい、あまりうちの生活に口を突っ込んで欲しくない、という人は田舎暮らしには向かないかも知れません。

自分からそういったうわさ話に加わる必要はありませんが、自分の家のことはある程度うわさになっていると思って、それを気にしない、というぐらいの性格でないと厳しいものがあるでしょう。

HOME |必須アイテム:自動車 | 田舎でのプライバシー | 子供の学校について | 田舎暮らしと農業 | 田舎の住宅を取得する |
田舎での通信環境
| 田舎でガーデニング | 田舎ならではの山菜採り | 田舎暮らしと害虫など

 

Copyright 田舎暮らしの基礎知識 All rights reserved.